東芝トップページ 広告・展示会 広告(テーマ別) TVCM・WEB動画 交通・屋外広告 ラジオCM 広告検索 スポーツ支援 展示会・イベント カレンダー 自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2018 提供・協賛 提供(CM放映番組) 東芝グランドコンサート TVCM 歴史 学生招待レポート 東芝ビジョン LIVE MOVIE 東芝ビジョンとは? 広告賞受賞一覧

展示会・イベント

自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2018 [展示会・イベント レポート]

展示会レポート

本展示会では東芝グループブースにご来場いただき、誠にありがとうございました。



東芝グループでは今年も、自動運転をはじめとした次世代自動車時代に活躍する先進技術を各種展示しました。




東芝デバイス&ストレージブースでは、画像認識プロセッサ Visconti™を組み込んだ「ドライバモニター連携次世代コックピットソリューション」を今年も展示し、自動運転制御時の周辺監視に加え、ドライバーカメラ機能をモック展示でデモンストレーションしました。ハンドルを回した際にドライバーの顔が曲がる方向とは別の向きを向いていたり、まぶたが閉じて居眠りをしかけているとアラートが鳴り、危険回避を促します。将来的には東芝コミュニケーションAI 「RECAIUS」と連携し、ドライバーからの音声指示の声の調子を解析して、体調や眠気を判定するなどの応用も考えられています。




Visconti™ファミリーとして出展した「車載Ethernet AVB通信システム」は、自動車データ通信で主流となってきているイーサネットAVB規格に対応したEthernetブリッジICです。IoT化に伴いデータ量が増加していく車載ネットワークにおいて、低遅延・高速化を実現するEthernet AVB通信機能を様々なデバイスに組込むことができる専用チップを業界に先駆けてご提案しています。




また、本展示に隣接する形で、東芝情報システムがVisconti™開発をサポートする「Visconti™ システムインテグレーションサービス」について展示を行いました。Visconti™を車に搭載して、その性能を十分に発揮させるためにはソフトウェアとの連携が必要不可欠です。ソフトウェア開発環境のご提供からソフトウェアのチューニング、辞書のカスタマイズ、アプリケーション開発までVisconti™のソフトウェア開発に関わる取り組みを紹介しました。




東芝メモリは、組み込み式のe-MMC/UFS、SDカード、SSDの3タイプをご紹介しました。e-MMC/UFS, SDカードはカーナビやドライブレコーダーなどの車載機器で利用されるため、使用可能温度帯が通常の製品よりも幅広く、今後は自動運転においても活躍していくと目されています。またSSDは、ホストメモリバッファ(HMB)機能のON/OFFで応答性のスピードアップを視認できるデモ機を展示。高性能・高信頼性を生かし、ITインフラやデータセンタなどで使用されています。




東芝デジタルソリューションズからは、IoT/M2M展でもご紹介した、音声認識ミドルウェア「ボイストリガー」と音声合成ミドルウェア「ToSpeak」の機能を使って、通信を利用しない単独での機器の操作を実現し、更にシームレスにクラウド側の高機能な「RECAIUS音声認識サービス」と連携する「ハイブリッド音声対話」を出展しました。
通信を不要とすることで、トンネルの中や地下の駐車場など電波の届かない場所でも支障のない音声によるハンズフリーの機器操作を実現し、更に通信が利用できる環境では、より柔軟な音声認識、音声合成の活用により、利用者に心地よい音声対話環境を提供していきます。
東芝の持つ音声認識と音声合成のノウハウと経験を生かしてインテグレーションした簡易型の対話エンジンでは、語順の違いや単語の抜けなど不明確な部分を自動応答で確認することにより、利用者にストレスをかけない音声による操作を可能としています。




ソフトウェアの領域では、東芝デベロップメントエンジニアリングが車載ソフトウェアの受託開発についてのご提案。生命と社会を守る必要性から自社開発プロセスへの自動車用機能安全規格「ISO 26262」の適合を第3者認証機関により確認。また、CMMIにおいてソフトウェア能力に対する組織成熟度レベル3を維持しており、安全、安心で高品質なソフトウェア開発を行います。インフォティメントやディスプレイオーディオなどの情報系システムから、電動パワーステアリングやモータインバータ制御などの制御系システムへの開発対応など、多彩な開発実績を自動車のイラストで詳細をご紹介するタッチパネルで展示しました。





その他、東芝インフラシステムズが、車載用に最適な安全性に優れた二次電池「SCiB」を、東芝マテリアルが研究開発品として、大電流用途・回生エネルギーに特化した二次電池材である『超高速充放電が可能な酸化タングステン電極材料』を初出展しました。



これからも、人と車の未来を作る東芝のテクノロジーにご期待ください。


展示会詳細ページへ戻る

この展示会・イベントの概要

このページのトップへ